ファリネは多汗症にも効果がある?手汗対策できる?

 

 

 

ファリネは手汗専用制汗パウダーとして発売されて以来、手汗で悩む方に人気が出ています。

 

これまで手汗用の制汗パウダーってあるようで実はなかったんです。

 

それもあり、ファリネの人気は一気に上昇しました。

 

実際にファリネを使っている管理人リンは多汗症です。

 

多汗症は、全身から汗が多く出る全身性多汗症と、体の特定の部分のみ汗が多く出る局所性多汗症と2種類あります。

 

私は手のひらと足の裏の汗が多く、ワキや顔などはそれほどでないので、局所性多汗症になります。

 

ファリネは手のひらと足の裏に多くあるエクリン腺に効果のある成分で作られた制汗パウダーです。

 

なので手の汗・足の汗に効果的な局所性多汗症の方のための手汗対策制汗パウダーと言えます。

 

実際ファリネを手のひらと足の裏に付けてみると、付けない時と比較して制汗効果は十分感じられます。

 

 

 

 

 

上の画像の写真はファリネをつけた直後に撮ったものですが、付いているのが分からないくらい細かいパウダーです。

 

指どうしをこすり合わせるとついているのが感じられます。

 

付けてすぐに手汗が引くので、その後すぐに手に何か持っても手汗が出ないのでベタツキもありません。

 

パソコンで仕事をするとキーボードやマウスのベタツキが特に気になっていたのですが、ファリネを付けてから仕事をすると手汗を数時間抑えてくれるので本当に助かっています。

 

よく市販されているワキ用の制汗剤は、ワキに多くあるアポクリン腺に効果があるように作られています。

 

アポクリン腺から出る汗は臭いニオイの原因にもなるので、ワキ用の制汗剤にはそのニオイを抑える目的のものが多いです。

 

そのため手のひらと足の裏に付けてもあまり効果が出ないというのは当たり前なのです。

 

でもファリネなら手汗・足汗に効果のある成分で作られているので、しっかり汗を抑えてくれます。

 

 

ファリネは手汗・足汗の多汗症で悩まれている方には手汗対策としてお勧めです。 

 

逆に他の部位(ワキ・顔)用としては作られていないので、手足以外の汗で悩んでいる方が使っても効果はイマイチでしょう。

 

 

 結論
ファリネは手のひら・足の裏の局所性多汗症の方には手汗対策の効果があります。
しかしその他の部位の多汗症の方が使うにはあまり効果が見られないと思います。