ファリネ使用2ヶ月目大勢の前での発表でも手汗が出なかった体験

ファリネを使用して2ヶ月目を迎えました。

 

最初は手のひらにパウダーを付けるだけで手汗が改善されるのか疑問でしたが、使っているうちに「これは他の制汗剤とは違うな」という実感が出てきました。

 

先日、数百名の前でスピーチをする機会がありました。

 

普段から手汗に汗をかく体質なのに、緊張するとさらに手汗をかいてしまいます。

 

そのためスピーチするのを断りたかったのですが、どうしても断り切れずに受けることになりました。

 

自分のスピーチの時間になる前まで緊張していたのですが、この日は最悪なことにハンドタオルを忘れてしまいました。

 

人前に出る時には必ずハンカチやハンドタオルがかかせないのに、こんな緊張する場面でハンドタオルを忘れてきてさらに緊張が増してきました。

 

幸いファリネはバッグに入れていたので、一安心。

 

スピーチの前にこっそりファリネを付けて、いざ大勢の前に立ってスピーチをしました。

 

緊張はしたもののいつもとは何か違うんです。

 

そう!! 手汗を全くかいていなかったんです!!

 

スピーチが終ってから手汗をかいていない自分に気づきました。

 

普段ハンドタオルを忘れてしまったらいつも以上に汗をかいて大変な思いをしていたのに、この日はファリネのおかげで手汗がでずにスピーチすることができました。

 

でも緊張はしていたのですが、気持ちのいい緊張で、スピーチを終わった後はなんだか心地よい感じになっていました。

 

手汗をかかずに人前に出られたことが一度もなかったので、本当にファリネのおかげだと思っています。

 

ファリネを使い始めた頃は、「ファリネは効かない」と思ってすぐにやめてしまう方もいらっしゃいます。

 

ファリネを使う前に手汗対策として使っていた制汗剤の影響などで、ファリネが手のひらになじんでいなくて最大限の効果を引き出せない状態になっていることも考えられます。

 

そのためファリネを購入したなら、まずは騙されたと思って最後まで使い切ってみてください。

 

私も最初はすぐに手汗が出なくなったというわけではないですが、徐々に手汗が出ない時間の方が長くなったなぁと今振り返って思います。

 

その時にはすぐに分からなくてもファリネを継続していれば、手汗効果があるというのを実感できると思います。

 

もう今ではファリネはいつどこに行くときでも手放せない存在です。

 

ファリネを付ければすぐに手のひらがサラサラになるので、緊張する場面でもササッとつければすぐに手汗対策ができますよ。